RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

額安寺ブログ:説法コラム

額安寺住職、喜多 亮円によるコラム
第17回寺子屋in額安寺のごあんない
0

    第17回 

      【寺子屋in額安寺】
     
     開催致します。


     今回は

    <郡山城天守台の謎をさぐる>

     

     この春、4年がかりの整備が終わり展望デッキが完成した郡山城天守台。 かつて豊臣政権時代に秀長を中心として建設され、その後は撤去、移築されたといわれる天守閣がそびえていましたが・・・。

     この度は、郡山城天守台展望施設整備事業を担当された大和郡山市教育委員会の十文字健氏をお招きして、石垣の解体修復により見えてきた、これまで謎に包まれていた郡山城天守台に迫っていただきます。

     

     

    日時:平成29年 12月10日(日)

       午後2時00分〜午後4時00分

    会場:額安寺 客殿

    講師:
    十文字 健 氏

     

     

    1979年 青森県生まれ

    2002年 茨城大学人文学部卒業。

        奈良県立橿原考古学研究所に嘱託として

        入所。葛城地域の古墳時代の遺構

        (ドンド垣内古墳群、ヒビキ遺跡など)

        調査や報告書執筆を多く担当。

    2006年 大和郡山市教育委員会へ

        平城京や西田中瓦窯など古代都城の

        遺跡調査や整備に携わる。

    2013年〜郡山城天守台の整備事業に伴う調査を

        担当。

    2015年〜平城京の羅城や「十条」条坊の

        継続的確認調査を担当。

     

     

     

                              
    参加費:1,000円(拝観料、資料代などを含む)


    お申込・お問い合わせは額安寺まで


    案内チラシ

    寺子屋17

    | お知らせ | 14:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    第16回「寺子屋in額安寺」
    0

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

      JUGEMテーマ:地域/ローカル

       第16回 

        【寺子屋in額安寺】
       
       開催致します。


       今回は

      石とともに60

       

       石造における日本の第一人者で海外でも広く活躍されている西村金造先生から、石灯篭や手水鉢等日本文化の中の石造物について、その醍醐味をお話して頂きます。

       

      日時:平成29年 3月18日(土)

         午後2時00分〜4時00分

      会場:額安寺 客殿

      講師:
      西村 金造 氏

       

       

      昭和13年京都生まれ

      京都伝統工芸大学校 石工芸教授 歴任 

      経済産業省認定 伝統工芸士、瑞宝単光章 叙勲

       

      業績:金沢兼六園 → 琴柱灯篭 制作建立

             京都迎賓館、京都御所、桂離宮、修学院離宮

            大徳寺本山

         ウィーンシェーンブルン宮殿(オーストリア)

         パリユネスコ本部(フランス)

         オランジェリー植物園(オランダ)

         アウグスブルグ市(ドイツ)  

         イサム・ノグチ氏デザイン「黒い太陽」制作など
       

         額安寺 → 宝篋印塔 修復及び建立  

       

                                
      参加費:1,000円(拝観料、資料代などを含む)

      JUGEMテーマ:地域/ローカル


      お申込・お問い合わせは額安寺まで


      案内チラシ

      寺子屋16

      | お知らせ | 10:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      第15回寺子屋のごあんない
      0
        JUGEMテーマ:地域/ローカル

         第15回 

          【寺子屋in額安寺】
         
         開催致します。


         今回は

        <最新の「日本人のルーツ論」と

         

        「額田部氏」>
         

         最近、中国のみならず、世界各国から日本を訪れる観光客が増加しています。日本に対する関心が少しづつ増ているにもかかわらず、私たちはどれほど日本人や国や文化について理解しているのでしょうか?まずは、日本人のルーツや文化について、中国大陸にも目を向けて考えていかなければならないようです。
        中国大陸や朝鮮半島から奈良盆地への人物往来や文化流入は、主に大和川を通じてされていましたが、その玄関口にあった額安寺(当時は額田寺)とその周辺は、6〜7世紀頃に古代豪族の額田部氏が重要な役割を持ちつつ勢力を維持していたとか。そんなお話を伺いたいと思います。

         

        日時:平成28年 10月16日(日)

           午後2時00分〜4時00分

        会場:額安寺 客殿

        講師:
        金田 英治 氏
        日本写真学会 フェロー、長岡京市ふるさとガイドの会 顧問

        プロフィール:
        1941年生まれ。京大院修士(工学研究専攻)修了

        三菱製紙 研究所長 役員 2003年退任

        HPを掲載中:「古代豪族入門」 http://ek1010.sakura.ne.jp

                  


             
        参加費:1,000円(拝観料、資料代などを含む)

        JUGEMテーマ:地域/ローカル


        お申込・お問い合わせは額安寺まで


        案内チラシ

        第15回寺子屋チラシ
         
        | お知らせ | 17:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        重文『虚空蔵菩薩半跏像」について
        0

            国指定・重要文化財の

          『乾漆虚空蔵菩薩像』は
            
            奈良国立博物館に
            
            寄託致しました。


           (額安寺にはございません)




          平成26年 11月 吉日

          今後は奈良国立博物館にてお参り下さい。

          (展示等につきましては直接博物館に
                  お問い合わせ下さい)


          なお、虚空蔵菩薩さま御朱印
          引続き額安寺にて受付けております。

           
          | お知らせ | 13:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          第14回寺子屋のごあんない
          0
            JUGEMテーマ:地域/ローカル
             第14回 

              【寺子屋in額安寺】
             
             開催致します。


             今回は

            『古事記』の世界と

            『額田寺伽藍並条里図』

             
             今から約1300年前、多くの豪族や氏族が割拠していた時代を経て、いよいよ日本という国が統一されようとしていたころ、天武天皇はなぜ『古事記』の編纂を命じたのでしょうか?
            一方『古事記』はリズミカルに歌うように読めるともいうその不思議を、木簡から人々の暮らしを読み解く馬場基先生にお話を伺いたいと思います。
            さらに額安寺は、『古事記』が編纂されようとした時代に、額田寺という大規模寺院として隆盛を極めていたことについても、その時代背景を中心にお話を進めていただけるようです。




            日時:平成28年 3月12日(土)
            午後2時00分〜4時00分

            会場:額安寺 客殿

            講師:
            馬場 基 
             (
            奈良文化財研究所 都城発掘調査部 主任研究員

            プロフィール:

            1972年 東京都に生まれる。
            1995年 東京大学文学部卒業
            2000年 東京大学大学院博士課程中退

            現在 奈良文化財研究所 都城発掘調査部 主任研究員

            主な著書や論文:
            『平城京に暮らす 天平びとの泣き笑い 』(吉川弘文館) 
            「都市」平城京の多様性と限界(『年報都市史研究』13

            「荷札と荷物の語るもの」(『木簡研究』30)など多数  

                 

            参加費:1,000円(拝観料、資料代などを含む)
            JUGEMテーマ:地域/ローカル


            お申込・お問い合わせは額安寺まで


            案内チラシ


            | お知らせ | 12:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |